お知らせ

子供の歯の生え変わりが心配!

2021.10.01

目次

こんにちは。信濃町、四谷三丁目の歯医者「医療法人社団歯友会 赤羽歯科 信濃町診療所」院長の大久保将哉です

本コラムではお子さんの歯並びについて、近年増えてきている相談内容とその原因、対処法についてお伝えしたいと思います。

 

お子さんの歯並びに関する相談が増えています!

    近年、お子さんの歯並びに関する相談がとても増えてきています。

    ちょうど幼稚園、保育園を卒業して小学校に入学するころが前歯の乳歯が永久歯へ生え変わる時期になります。お友達はもう歯が抜けたのにうちの子はまだ抜けてこない、乳歯は抜けたのになかなか永久歯が生えて来ない、また永久歯が生えてきたけどガタガタになってしまっている。

    とても不安に感じてしまいますよね?

     

    このまま様子を見てみようと思う反面、早く歯医者さんに診てもらった方がいいのかなと内心思っていらっしゃるのではないでしょうか?

     

    結論から言いますと歯科の受診は早いにこしたことはないです。

     

    近年お子さんの顎、骨格が食生活の変化によって小さくなってきており、永久歯の生えてくるスペース不足が起きてしまっているお子さんが多くなっていると感じています。

     

    乳歯から永久歯への生え変わりがスムーズにいかない原因をご説明します。

    顎が小さく永久歯の生えるスペースが不足している

      顎の成長とともに遅れて生えてくる場合がほとんどですが八重歯に代表されるように本来の位置より外側、あるいは内側から生えてきてしまいます

       

      歯ぐきが厚く、永久歯が押さえつけられてしまっている

        歯ぐきの切開を行うことで解消されますが、歯ぐきに押さえつけられてしまっている時間が長くなってしまうと他の歯が移動してしまい歯並びを悪くしてしまう可能性があります。

         

        歯ぎしり

          お子さんも知らず知らずのうちにストレスを感じていることがあります。

          歯ぎしりにより乳歯の周りの骨が変化し生え変わりの時期に影響を及ぼすことがあります。

           

          生え変わりがなかなか始まらない場合は適切なタイミングをみて抜歯を行うことをお勧めします

           

          永久歯が生えかわる6歳から7歳の状態を見逃さないでください!

            永久歯が生えかわり始めて前歯同士が重なってしまっている場合は早めの矯正治療が必要になってくる場合があります。

             

            矯正治療は6歳から大人の犬歯が生えてくるまでの1期治療と、すべての永久歯が生えそろった後に行う2期治療があります。

            乳歯の前歯がぴったりきれいにならんでいると安心してしまうと思うのですが実はこの時点で歯並びが悪くなってしまう黄色信号なのです。なぜかといいますと乳歯より後から生えてくる永久歯の大きさが大きいためぴったり並んでいる状態の乳歯のスペースでは足りないからです。

            9歳になると大人の犬歯が生えてきます。この大人の犬歯は乳歯の犬歯より大きく、この時期から奥歯の乳歯が生え変わり始めるので矯正治療には向いていない時期になってしまいます。

            ですので永久歯が生え変わる6歳から7歳の状態の診断がとても大切になってきます。

            子供の歯並びが心配だけど大人になるまで様子をみてもいいの?

              かみ合わせに不調がなく、顎の痛みもなく、見た目が気にならないのであれば大人になるまで様子を見ることも大きな問題はないと思います。

              しかし大人になって矯正治療を希望し、行う場合には重なってしまっている歯をきれいに並べるためにいくつか歯を抜歯していかなければならないことがあります。

              抜歯をせずに歯並びをきれいにできる可能性が高くなるのが1期治療とよばれる概ね6歳から9歳までに行われる床矯正です。

              床矯正とは歯のスペースを確保するために顎の成長を促す治療方法です

              この床矯正のみで歯並びがきれいに整えることが出来れば成人矯正よりお子さんの負担も少なく、費用も抑えられます。

              ただし床矯正を行うタイミングが遅れてしまうと大人になってからの矯正治療の併用も必要になってくることがあります。

               

               

              お子さんの歯並びに不安を感じていらっしゃる際は是非一度当院にご相談ください。

               

              信濃町、四谷三丁目の歯医者「医療法人社団歯友会 赤羽歯科 信濃町診療所」

              信濃町駅 徒歩5分

              四谷三丁目駅 徒歩7分

              国立競技場駅 徒歩10分

              千駄ヶ谷駅 徒歩15分

              慶応病院徒歩 1分

              四谷 青山 外苑前 表参道よりも多数来院されています

                    監修者情報

                    院長・歯科医師

                    大久保

                    将哉

                    2002年4月 医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 新宿診療所 勤務
                    2014年4月 医療法人社団 歯友会 赤羽歯科 信濃町診療所 院長就任

                    日本口腔インプラント学会 専修医(認定医)
                    ITI 日本支部公認インプラントスペシャリスト
                    日本顎咬合学会 認定医
                    CID club Activemenber
                    東京SJCD
                    JIADS club

                    「患者さんが求める治療」が何かをきちんと汲み取れるため、カウンセリングに多くの時間を割いています。特に心がけているのは、患者さんとの信頼関係の構築です。そのため、エビデンスベースで丁寧な説明をすることで治療への不安を少しでも払しょくしたいと考えています。患者さんと笑顔の関係を築けるからこそ、歯やお口のトラブルの根本的な解決につながると信じています。