セラミック治療

機能性と審美性を追求した人工歯 ~セラミック治療~

「以前に虫歯を治療した時の銀歯が目立つ」というお悩みを抱えている方は少なくありません。銀歯を入れる保険診療は比較的安価かつ短期間で治療が完了しますが、機能や見た目において気になる面はあります。機能性と審美性を両立した治療を行いたい場合は、セラミックを使った人工歯への取り替えがおすすめです。赤羽歯科「信濃町診療所」では、セラミックにおける豊富な実績があります。

セラミック治療とは

セラミックは透明感のある美しい仕上がりが実現できる陶器でできた素材です。歯科医療においては虫歯などで失った歯の機能回復に使用されており、白い素材で天然歯に似た仕上がりにできるため、近年では人気を集めています。失った歯の機能を補うのはもちろん、口元の見た目を綺麗にすることができる点が最大の特徴です。

また、保険診療で使用する金属は、金属アレルギーを引き起こす危険性があり、さらに経年により歯ぐきが黒ずむこともあります。一方で、セラミック治療による機能回復は生体親和性が高く、お口周りや全身に悪影響をもたらすことはほとんどありません。さらに口元の美しさは「会話を楽しむ」「思いっきり笑える」などの心の健康にもプラスに作用します。

健康面を考慮するうえでおすすめはセラミック治療

金属製の補綴物の場合、経年によって金属イオンが溶け出して体内に吸収されることで金属アレルギーを引き起こす恐れがあります。また、一般に使われている銀歯は、接着のためにセメントを使用しているので、経年によりセメントが溶け出すことですき間から虫歯が進行して二次カリエスを引き起こすことも。このように健康面において少なくない不安がある素材なのです。

また、生体親和性が高いセラミック素材にもいくつかの種類があります。治療前にはそれぞれの特徴を説明したうえで、ご要望を踏まえて治療方法を提案します。素材は患者さんが望まれるものを選択できますので、ご安心ください。治療の際にはセラミックと歯との接合部をしっかり確認し、できるだけ再発のリスクを抑えるような精密治療を提供します。そして定期的なメンテナンスを行い、お口の健康をチェックさせていただきます。

安心安全な治療を提供する
設備や機器・環境

患者さんに装着する被せ物や詰め物などの人工歯を製作するのは歯科技工士の役割です。歯科医師と歯科技工士の連携がうまく取れていないと、精度の高い治療は実現できません。医療法人社団 歯友会では法人として歯科技工所を開設しており、セラミックに特化した歯科技工士が多数在籍しています。歯科医師と歯科技工士が密接に連携することで、高品質の歯科技工物と治療が提供できています。

さらに当院では精度を高めるために治療時にはマイクロスコープを活用し、細部を拡大視しながら処置します。また型採りの精度を高めるため、口腔内スキャナーを活用。型採りによる患者さんの負担を軽減しています。当院には安心してセラミック治療を受けられる設備・器機・環境が整っています。

セラミックの種類

e-max

二ケイ酸リチウムガラスという強度と審美性を兼ね備えた素材を主成分とした被せ物です。非常に透明感があるため、天然歯にも負けない綺麗な色調が再現できます。また、強度が高いうえに天然歯に近い摩耗性があるため、噛み合う歯に優しい被せ物です。

メタルボンド

ゴールドをベースにした合金をすべてセラミックで覆った被せ物です。表面はすべてセラミックなので前装タイプと比べて審美性の高い被せ物です。透明感は、すべてセラミック素材を使用したオールセラミックにはやや劣ります。

ジルコニア

人工ダイヤモンドと呼ばれ、人工関節に使われるほど生体親和性の高い素材であるジルコニアを使用した、すべてセラミックの被せ物です。金属と同じくらいの強度を持ちながら、金属アレルギーの心配がありません。金属を使用しないため、光の透過性があり、審美性が極めて高い被せ物でもあります。

ラミネートベニア

歯の表面にセラミックを接着する治療です。表側だけを削るので、他の被せ物に比べて歯を削る量が少なくてすみ、審美的にも優れた治療方法です。